スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

日曜は東西で古馬G1の前哨戦が行われる。中山記念は近年と同じく少頭数だが、G1ホースが出走。Speed Figuresのランク1位ペルシアンナイトはマイルチャンピオンシップを勝って休み明け。距離延長となるが、1800mは適応済み。阪急杯のランク1位レッドファルクスもG1ホース。140

木曜日、用事があって、阪急の西宮北口駅へ。阪神競馬開催時における臨時列車の貼り紙を見て、まだ寒いけれども、春競馬の始まりを改めて感じてしまった。その阪神、開催初日のメインレースは古馬オープンのダート戦。11R・仁川Sのランク1位はナムラアラシ。前走は力を出して

ダートのトップクラスはフェブラリーS、チャンピオンズカップを大きな目標とし、その間は地方競馬のJpn1を転戦していく。ただ、フェブラリーSの勝ち馬については、2012年以降、前走はJRAのダート重賞に出走していた。しかも、そのうち5頭は左回りのレースだった。ゴールドド

中央競馬は今週火曜(13日)まで開催があって、中3日で早くも土曜競馬。しかも、土日で重賞3鞍、日曜日には今年初めてのG1レースを迎える。まず、土曜の重賞からは東京のG3・ダイヤモンドSを挙げる。負担重量が54kgと軽くなり、東京で勝ち鞍のあるリッチーリッチーに注目。そし

2月12日(月曜)の小倉開催は積雪の影響により中止、13日・火曜に代替競馬が行われます。火曜小倉開催は、本来、開催される予定だった月曜の出馬表の内容を変更せずに行われますが、「山本尊の競馬分析」におけるデータ表につきましては、全レース、「危機管理サイト」で無料公

月曜の重賞は、東京でG3のクイーンカップ。先週のきさらぎ賞もそうだったが、2月の3歳重賞らしく500万下の馬が多いメンバー構成となった。2歳時に東京芝1600mを速い時計で勝ち上がったのがテトラドラクマ。中山での前走はゴチャついて力を出せなかったが、コースが替わって、

日曜は東西でG1レースの前哨戦が行われる。G2の京都記念には、昨年、つまり3歳時にG1を制した4頭が出走。10頭中4頭なのだから、占める割合が高い。なかでも軸として信頼すべきはやはりレイデオロ。ダービー馬がそのあと活躍できないこともあるが、この馬は高いレベルで安定し

厳寒期の3日間開催で、とくに小倉は雪の影響がありそうだが・・。土曜は京都・小倉の開催。小倉はこの土曜が今年最初の開催日。そもそも小倉ダート1700mはランク上位馬の信頼度が高く、この開催も多く買っていきたい。土曜小倉8R・牝馬限定の4歳以上500万下はノーブルスノー

東京新聞杯は芝1600mの重賞で好走している馬が揃った。グレーターロンドン、サトノアレス、ダイワキャグニー、サトノアレスと牡馬の一線級がいるので、GⅠを制しているとはいえ、牝馬アドマイヤリードは相対的に妙味が出てきそう。昨秋の府中牝馬Sは、落ち着いたペースのなか

冬期は第3場、いわゆるローカル開催は西のエリアで続く。12月から3月まで、暮れの中京、年明けの中京、小倉、そして中京の開催が続くわけだが、今週はその狭間の2場開催。いくらかでも通常週よりは余裕をもって臨めそう。1回東京は2週目に入り、土日ともにメインレースは芝1