スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

昨年までのジャパンカップダートは中京ダート1800mに替わり、チャンピオンズカップという名称になった。左回りのダート中距離に舞台を移した結果、アメリカからの参戦はあったが、ほかの15頭はすべて関西馬。関東馬の少ないG1というレースは時折あるけれども、出走馬ゼロは珍

東京・京都の連続開催は今週で最終週。3日間開催が2週あったからか、通常よりも長く感じた。ジャパンカップについては、明日、とりあげるとして、まずは土曜開催分。連続開催の後半、東京芝2000m、ダート1400m、ダート1600mを馬券の勝負としては主な対象としてきた(このうち

東京スポーツ杯2歳Sは今年も素質馬が揃った。なかでもアヴニールマルシェ、クラージュシチーが人気か。この時期の2歳戦、とくに芝中距離戦では、成長やペースの差で、レースごとに指数を一気に上げてくる傾向にある。メンバーが揃えば、いっそうその点を踏まえておく必要があ

マイルチャンピオンシップへの臨戦過程を見ると、同じ芝1600mで行われる富士S組が不振。過去10年で1勝・2着2回。1800m以上からの距離短縮組が7勝・2着4回、1400m以下からの距離延長が1着2回・2着4回となっている。この分布が示すように、勝ち馬については1800m以上からの距離

今週末は今年最後の3連休で、中央競馬は今年最後の3日間開催でもある。この季節なら台風も雪も心配しなくていい。3日間開催を行うのであれば今はいい時季だろう(とくに賛成というわけではないが)。ただ、3日間開催になると、資金面(つまり精神面?)などマネージメントの

先週に続いて今週も平地重賞が4鞍。土曜は京都でデイリー杯2歳S、東京で武蔵野Sが行われる。デイリー杯2歳Sは、人気が予想されるナヴィオンがSpeed Figuresのランクも1位で中心。東京11Rの武蔵野Sは休み明けが多いうえ、実績面で抜きん出た馬はいない。このメンバーなら、昨

今週、無料メルマガの推奨馬券でとりあげたレースは、土日ともに2鞍(日曜分は土曜午後7時に配信予定)と、少なめになった。といっても無理に絞り込んだのではなく、今週はそもそも候補となるレースが少なかった。こんな週は手を広げない方がいい、というのが経験則としてあ

週半ばにUPしたコラム「王道結果論」でも述べたように、東京芝2000mは、そもそも私のスピード指数・Speed Figuresをベースにしたランク統計に従って、ほぼ自動的に買う対象のコース・条件となっている。したがって、日曜の天皇賞(秋)はGⅠだからというより、そもそも自分