スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

桜花賞は結果どうこうではなく、あまりに遅いペースからの逃げ切りに笑うしかなかったが、3戦3勝の3頭については、阪神外回りを経験していなかったことも影響したのではないか。その点、今週の皐月賞は、前哨戦で上位に入った馬が対決する。Speed Figuresの数値では、弥生賞

今年の桜花賞には3戦3勝の馬が3頭出走、しかもそのうちルージュバック、キャットコインは関東馬で、桜花賞のトライアルに出走していないという、近年では異例のケースになった。まず断っておきたいのは、私のスピード指数から導き出したランクで、ルージュバックが下位で

春開催では、ランク統計に基づき、私の勝負レースは阪神開催に集まっている。大阪杯の舞台、芝2000mもその勝負対象となる条件だ。近年、大阪杯は上半期の古馬戦線で最もメンバーが揃うレースのひとつになっており、今年もGⅠホースが6頭とほぼ半数を占める。ちなみに、大阪杯

3歳新馬戦が終わり、未勝利戦に初出走馬が多く参戦するようになってきた。実戦の走破タイムをベースにしている指数予想では、さすがに初出走馬は判断しづらい。ひとつの基準として、私の場合、ランク外(ランクのついていない馬、つまり、その初出走馬や近似距離でのレース経

先週の日曜開催へ向けてのコラムでは、阪神10Rで迷った末、買い目を追加したのがうまくいった。そもそも買い目を変えたり、追加したり、あるいは馬券を買う際に金額をあとで増やしたりして良かったことは少ないので、素直に喜んでおきたい。ただ、言い換えれば、そうそうある

スプリングSは上位人気が予想されるダノンプラチナ、リアルスティールがランク1位、2位でもある。前走比較では、リアルスティールの方が数値が高く、ダノンプラチナは距離延長になるので、軸としてはリアルスティールとしたい。勝負はやはり阪神から。特別戦の10R、但馬Sの軸