スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

週半ばにUPしたコラム「王道結果論」でも述べたように、東京芝2000mは、そもそも私のスピード指数・Speed Figuresをベースにしたランク統計に従って、ほぼ自動的に買う対象のコース・条件となっている。したがって、日曜の天皇賞(秋)はGⅠだからというより、そもそも自分

長らくお待たせしましたが、「無料指数」のページで、各開催日につき1鞍を無料でUPします。Webサイト『山本尊の競馬分析』とほぼ同じスタイルのデータ表で公表します。表の見方については「無料指数」のページをご覧ください。さて話は変わって、初めて見たGⅠレースは?とい

菊花賞、金曜の前売りでトーホウジャッカルが断然の1番人気になっていたのは、少々、驚いた。土曜になって、予想どおりのオッズというべきか、ダービー馬ワンアンドオンリーが1番人気になって、落ち着いてきた。菊花賞は過去10年で1番人気が5勝・2着1回。某所で述べたのだが

無料メルマガの推奨馬券としては、「的中情報」でも触れたように、土曜は福島9R(3連複11610円)、京都12R(馬連11980円)を的中。日曜も勢いを維持したい。秋華賞は、断然の1番人気となりそうなヌーヴォレコルトが中心。京都芝内回り2000mのフルゲートなので、内枠から馬群

今週から福島開催が始まる。新刊『競馬統計術』でも触れたように、福島はダート戦が勝負レースの対象なのだが、秋の開催は古馬戦に照準を定めている。すでに3歳未勝利戦は終わっており、この時期の2歳時のダート未勝利戦は、芝から転じて初ダートになり、ダートでは私の指数

月曜の京都開催が中止になり、火曜に代替競馬となった。JRA広報発表の記録を見ると、京都競馬で台風のために中止となったのは、1961年9月16、17日以来とか。考えてみれば、京都競馬は通常のスケジュールなら、雪の影響を受ける開催はあるものの、台風シーズンは10月ぐらい。

月曜京都開催は中止になり、火曜に代替競馬が行われます。東京は通常どおり開催されています。当コラムでは、このような状況になることも想定し、月曜分の予想では京都からは挙げておらず、メルマガでも東京開催に絞りましたので、内容面での変更など、改めてお伝えすること

世の中でまことしやかに言われていることが果たして本当なのか、どうも疑ってかかる癖がある。競馬でも当然のごとく言われていることが本当なのか、気になる。それが高じて、自分の馬券の買い方も統計化し、もう一度、見直してみようと思ったのかもしれない。その結果、本(

新刊『競馬統計術』でも回顧したように、アメリカの競馬本としては古典ともいえる、アンドリュー・ベイヤーの『Picking Winners』を、私は四半世紀前に翻訳し、『勝ち馬を探せ』(メタモル出版)という邦題で刊行した。当時から海外の競馬に興味をもってきたが、ずっと違和感