スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

今週から中央競馬は秋開催に入る。ある程度、仕上げられてから、トレセンに入厩する傾向にあり、休み明けのとらえ方も変わってきてはいるものの、阪神開幕週のセントウルSについては、サマースプリントシリーズの最終戦ということもあって、勝ち馬については、夏場の重賞で戦

早くもというべきか、(今夏は酷暑だったので)やっとというべきか、今週で夏競馬は終了する。夏競馬最終日(9/2)の重賞は新潟記念、小倉2歳Sだが、私にとってのメインレースは、日曜小倉10R、3歳以上1000万下の西日本スポーツ杯。古馬のダート1700m戦としては、今年の小倉で

2回小倉・2回新潟は終盤戦。開催前半で出走し、折り返しで出走してくる馬が目につく。今週も自分の主戦場は古馬の小倉ダート1700m。日曜小倉では、12Rで牝馬限定、3歳以上500万下のダート1700m戦が行われる。この日曜小倉12Rでも主力となるのは、当開催前半で出走していた馬

 先週小倉、土曜11Rが8頭立て、日曜11Rが7頭立てと少頭数。酷暑も影響しているのかもしれないが、メインレースとしては淋しい頭数だった。しかし、今週日曜のメインは芝短距離の重賞、北九州記念なので、さすがに頭数は揃った。ランク1位はダイアナヘイロー。函館での前走は

番組表を見ると、今週から3週続けて、日曜小倉12Rは古馬のダート1700m戦となっている。もともとこの開催の主戦場は古馬の小倉ダート1700mなので、日曜の最終レースで組まれていると、あとのことを考えずに?勝負できる。そして今週、日曜小倉12Rのダート1700mは牝馬限定の3歳

夏枯れというわけでもないのだろうが、小倉記念は今年を含め、3年続けて出走頭数が13頭以下となった。そもそも今年は1週前の登録時点で12頭だった。とはいえ、堅く収まっているかといえばそうではないし、トップハンデの馬は2008年のドリームジャーニーのあとは勝っていない

今週から開催地は新潟、小倉、札幌に替わる。3場開催が続くなかで、3場すべての開催地が同じ週で替わるのケースは意外に少なく、夏競馬の中盤とはいえ、気分も変わる。というか、ここからが夏競馬本番だろう。あと、今週からはJRAのホームページで含水率が公表されるようにな

まずお知らせです。来週から、「私のメインレース」は日曜開催のみ、とします。ただし、土曜開催については、無料指数を従来の2鞍から3鞍に増やします(2場開催の場合は従来の2鞍)。また、無料メルマガについては、今週の開催をもって、配信を停止いたします。中京が改修さ

まずお知らせです。来週から、「私のメインレース」は日曜開催のみ、とします。ただし、土曜開催については、無料指数を従来の2鞍から3鞍に増やします(2場開催の場合は従来の2鞍)。また、無料メルマガについては、今週の開催をもって、配信を停止いたします。21日・土曜開

今週の重賞は函館記念。函館開催では唯一の古馬の芝中距離重賞でもある。人気薄の食い込みが多い一方、5番人気以内の馬が過去10回、必ず連対している。今年の軸馬としてはトリコロールブルー。1600万下、オープン特別と連勝した後、前走の鳴尾記念は3着と善戦。先着馬とはや