スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。


競馬予想の記事一覧

西日本エリアでのG1が3週続く。2つめは阪神芝2000mを舞台として行われる大阪杯。阪神芝2000mは内回りなので、スピードが必要とされるとしても、大阪杯組はこのあと天皇賞・春で好走率が高い。言い換えれば(これは宝塚記念にもいえることだが)、持久力というか、長くいい脚

今週から春のG1シリーズが始まる。幕開けは例年どおり高松宮記念。高松宮記念は大きく荒れるケースは少なく、連対馬については過去10回中9回は1番人気~6番人気の組み合わせ。ただ、3着には2桁人気馬が4頭入っている。高配当を狙うなら、3連系か。Speed Figuresのランクを振

来週からは春のG1シリーズが始まる。今週はG1はないものの、土曜日に中山・フラワーカップ、阪神・若葉S、中京・ファルコンS、日曜日は中山・スプリングS、阪神・阪神大賞典と、年間を通じても華やかな週である。日曜からは中山のスプリングSに注目したい。過去10年を振り返

3月に入ると、G1の前哨戦が、毎週、複数行われる。日曜のメインレースは3場すべてG1の前哨戦。中京の金鯱賞は多頭数ではないがG1ホースが揃った。しかし、近走の好調さという点でエアウィンザーを挙げたい。中京は初めてだが、左回りは問題ないし、直線に坂のある阪神をこな

今週の重賞3鞍はすべてG1の前哨戦だが、土曜にふた鞍、日曜にひと鞍という珍しい番組構成になった。日曜の重賞、弥生賞は皐月賞の前哨戦。ただ、例年、落ち着いた頭数になり、本番は異なるレース形態になりやすい。今回のメンバーでSpeed Figuresのランク1位はニシノデイジー

今週から東西の主場は、開催場が中山・阪神に移る。日曜の重賞、中山ではG2の中山記念。芝1800m、2000mを得意とするディアドラがやはり中心。コーナー4つの中距離戦は得意で、中山では芝2000mの紫苑Sを制している。Speed Figuresのランクは1位。阪神ではG3の阪急杯。こちらは

日曜東京では、今年最初のG1レース、フェブラリーSが行われる。Speed Figuresのランク上位3頭がすべて馬券圏内に入らなかったことは過去10回で一度もない。そしてランク1位・2位馬がどちらも馬券圏内に入ったケースが5回ある。今年の1位はインティ、2位はゴールドドリーム。

今週は土日の東京で3歳馬の重賞が行われる。先週の京都・きさらぎ賞に続いて、3歳重賞は今週も落ち着いた頭数。クイーンカップ(月曜に代替)は近年、15頭か16頭立てだったが、今年は9頭。そして日曜の共同通信杯は7頭立て。3歳の重賞(牡馬が出走可能な重賞)で7頭立ては、1

京都の重賞きさらぎ賞は、例年、落ち着いた頭数で行われる傾向にあり、今年も出走頭数は8頭。それに対して、東京新聞杯は15頭。対照的な頭数で、やはり馬券を買いたいのは東京新聞杯。東京新聞杯、Speed Figuresのランク1位はロジクライ。昨秋のマイルチャンピオンシップは14

東西の主場は早くも2つめの開催。関東では東京に舞台を移す。東京ではG1の前哨戦、根岸Sが行われる。コーナーが1つで直線の長いコース(向こう正面も長い)となれば、やはりサンライズノヴァを中心視する。追い込み一手のこの馬の場合、直線が長いというだけでなく、長い向こ