今週のG1は皐月賞。例年、皐月賞ウィークは、春の中山・阪神の連続開催の最終週でもある。

中山ダート1800mが春開催の勝負の場だった。この舞台とは9月まで離れてしまうので寂しい気もするが、今週はできるだけ買っておきたい。

皐月賞では共同通信杯1、2着馬が上位候補。最内から抜け出したダノンキングリーはロスなく立ち回ったことも大きいが、ここまで3連勝。中山も(外回り1600mだが)経験済み。

そして朝日杯フューチュリティS1着、共同通信杯2着のアドマイヤマーズ、若葉Sを楽勝したヴェロックスは相手本線。