現4歳馬のレベルは高いとよくいわれるが、それ以前に日経新春杯は明け4歳馬が優勢。年上の馬ほどのハンデを課せられない点も要因だろう。年明けの京都は、春や秋と比べればタフな馬場コンディションなので、ハンデの差もいっそう大きいと考える。

ということで、ランク上位馬から4歳馬グローリーヴェイズに注目。菊花賞はフルゲートの大外枠から外を回りながら、直線で大外から追い上げてきた。菊花賞は長い距離を走るぶん、よけいに通ったコースどりの差が響いてくる。それでも5着に入ったのだから善戦。

2400mは初めてだが、菊花賞よりも距離短縮はプラス。昨年上半期にも京都外回りの重賞で好走した。ここは軸に据える。