天皇賞・春はJRAのG1では最も距離の長いレース。と同時に、芝の生長する時季で、なおかつ開催2週目に行われるので、速い時計の出やすいコンディションが舞台である、という点もポイントになる。

3200mを乗り切る持久力だけでなく、速い時計に対応できるスピードも必要とされ、結果的に、前走で中距離の大阪杯(2000m)を経験した馬の好走率が高い。

シュヴァルグランはここ2年の天皇賞・春で3着、2着。大阪杯13着は負けすぎの感があるものの、スタートでロスがあり、競馬をしていない。それでも久しぶりに中距離を経験したことは良い方に出るだろうとみて、軸に据える。

なお、勝負レースの買い目については、土曜午後7時に配信予定の無料メルマガをご覧ください。メルマガは登録した後の記事から配信が開始されますので、タイミングによっては、登録していただいた当日の記事が配信されない可能性があります。