皐月賞では、1番人気が予想されたダノンプレミアムが出走回避。さらに日曜は雨や風の影響も受けそう。オッズは割れるか。

前哨戦のひとつ、弥生賞は無敗馬の対決となり、結果は、前述したダノンプレミアムが完勝したが、中団から追い上げ、ゴール寸前で2番手に上がったワグネリアンも末脚に見所があった。道悪もこなせるし、安定感で上位。Speed Figuresのランクも1位。

そしてキタノコマンドールは話題性もあって注目されている。前走値では断トツの1位で、すみれSは高評価できる1着だった。

すみれS組から、もう1頭、注目しているのはケイティクレバー。先手をとって緩やかなペースだったとはいえ、中盤でさほどペースを落とさずに逃げていたのに粘っていた。前へ行く馬が多く、流れが厳しくなりそうだが、そのぶん、人気を落としている。3・4番手でレースができるのであれば、おもしろい。妙味という意味ではこの馬。

なお、勝負レースの買い目については、土曜午後7時に配信予定の無料メルマガをご覧ください。メルマガは登録した後の記事から配信が開始されますので、タイミングによっては、登録していただいた当日の記事が配信されない可能性があります。