ここ数年、年末のテレビ番組では、NHK『ドキュメント72時間』の「年末スペシャル」(いわば総集編)を楽しみしており、今年も放送される。ただ、これまでは深夜(未明)に放送されていたが、今年は昼に放送されるようだ。深夜に1年を振り返りながら見たい番組だっただけにちょっと残念な感もある。

その前に中央競馬は総決算の有馬記念。今年の有馬記念を迎えるにあたっては、やはり驚異的なタイムだったジャパンカップがポイントで、タイムをベースにした指数では、どうしたって、ジャパンカップ上位馬の数値が優秀になる。

このような驚異的なタイムが出た場合、前の馬に引っ張られて速いタイムになった馬もいるだろう。ということで、JC組と他の路線はそれぞれに評価し、2つのグループの上位馬を絡めて買いたい。

JC組では当然のことながら、キセキ、シュヴァルグラン、ミッキースワロー、サトノダイヤモンドが上位。

他の路線からはもちろんレイデオロ。あと、パフォーマプロミスはアルゼンチン共和国杯を制覇。スローすぎて、いくらペース補正をしても数値が低かった。ということで、この馬については前走ランクが高くないことは気にしなくてもいい。