日曜は重賞が2鞍行われる。新潟外回り1600mの新潟2歳Sと札幌芝1200mのキーンランドカップ。どちらの方がSpeed FIguresのランクを一層信頼できるかといえば、中盤でペースの緩まない短距離のキーンランドカップ。過去5年を振り返っても(函館で施行された昨年も含む)、ランク1位~3位のいずれかが必ず連対。また、2011年を除けば、連対馬はすべて1位~6位の組み合わせだった。


今年の出走馬でランク上位は、
  1位 スノードラゴン
  2位 マジンプロスパー
  3位 サンカルロ
  4位 ローブティサージュ
  5位 レッドオーヴァル
  6位 スマートオリオン
となる。


これらの組み合わせで買うとして、実績馬、また今年のオープン・芝1200mで活躍している馬がほとんど。絞って買うなら、やはり1位のスノードラゴンが軸。今開催の札幌芝1200mを見ても、1位馬の連対率は50%。信頼できる数値だ。

一方、妙味があるのはサンカルロ。8歳のベテランだが、札幌は初めて。休み明けでも好走例がある。


重賞以外で、勝負レースは小倉1Rと10R。買い目詳細は無料メルマガをご覧になってください。