スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。

スピード指数 イメージ画像

山本尊のスピード指数とは

アンドリュー・ベイヤーの『Picking Winners』が『勝ち馬を探せ!!』という邦題で刊行されたことにより、日本においてもスピード指数が広く認知されるようになりました。ベイヤーの著作を翻訳、紹介した私は、日本の競馬に適合させるべく独自のスピード指数"Speed Figures"を開発し、指数の精度を高めてきました。『SpeedFigures OnLine』においては、スピード指数だけでなく、指数をベースにした出走馬のランクを公開。さらにそのランクを統計処理して、信頼度の高い条件からピックアップした軸馬や買い目を、メールマガジン『GPS競馬』で配信しています。
私がネット上で公開している情報をより多くの方々にご覧になっていただくため、総合情報サイトとして当『スピード指数(山本尊のスピード指数特設サイト)』を開設しました。週末の競馬へ向けてお役に立てば幸いです。


更新情報

競馬統計術 (競馬道OnLine新書) [新書]山本尊スタンダードマガジン2014-10-0812年ぶりにスプリンターズSが新潟で行われる。新潟芝1200mでのG1レースという点ではデータが乏しいわけだが、むしろ、新潟は2回・3回と連続開催、しかも同じAコースを使用して10週目になること

競馬統計術 (競馬道OnLine新書) [新書]山本尊スタンダードマガジン2014-10-089月は無料メルマガの推奨馬券が好調だった。9万8900円の投資に対して払戻は24万8120円。14万9220円の黒字で、 回収率は250.9%。主な理由はダートレースを軸に据えていたからだろう。「的中情報」

9月28日・日曜、阪神8Rは、馬連6-10・1万8110円を的中。このレースは、3連複をメインにして、6番セルリアンサーロス、15番サンライズワールドを軸としていた。ただ、セルリアンサーロスは人気にならないはずで、「この馬からは馬連でも流しておこう」と加えたのである。3