スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。

スピード指数 イメージ画像

山本尊のスピード指数とは

アンドリュー・ベイヤーの『Picking Winners』が『勝ち馬を探せ!!』という邦題で刊行されたことにより、日本においてもスピード指数が広く認知されるようになりました。ベイヤーの著作を翻訳、紹介した私は、日本の競馬に適合させるべく独自のスピード指数"Speed Figures"を開発し、指数の精度を高めてきました。『SpeedFigures OnLine』においては、スピード指数だけでなく、指数をベースにした出走馬のランクを公開。さらにそのランクを統計処理して、信頼度の高い条件からピックアップした軸馬や買い目を、メールマガジン『GPS競馬』で配信しています。
私がネット上で公開している情報をより多くの方々にご覧になっていただくため、総合情報サイトとして当『スピード指数(山本尊のスピード指数特設サイト)』を開設しました。週末の競馬へ向けてお役に立てば幸いです。


更新情報

今週から福島開催が始まる。新刊『競馬統計術』でも触れたように、福島はダート戦が勝負レースの対象なのだが、秋の開催は古馬戦に照準を定めている。すでに3歳未勝利戦は終わっており、この時期の2歳時のダート未勝利戦は、芝から転じて初ダートになり、ダートでは私の指数

的中といっても儲けたということではありません。先にお断りしておきます。結果的に4日間開催になって、疲れた~という感じですが、悔しい写真判定が多かったからかもしれません。日曜東京10Rがその代表例。的中はしているのだが、悔しい敗戦。10番ダノンレジェンドが逃げ切

月曜の京都開催が中止になり、火曜に代替競馬となった。JRA広報発表の記録を見ると、京都競馬で台風のために中止となったのは、1961年9月16、17日以来とか。考えてみれば、京都競馬は通常のスケジュールなら、雪の影響を受ける開催はあるものの、台風シーズンは10月ぐらい。