スピード指数と統計術で馬券をナビゲートする、SpeedFigures 山本尊の特設サイトです。

スピード指数 イメージ画像

山本尊のスピード指数とは

アンドリュー・ベイヤーの『Picking Winners』が『勝ち馬を探せ!!』という邦題で刊行されたことにより、日本においてもスピード指数が広く認知されるようになりました。ベイヤーの著作を翻訳、紹介した私は、日本の競馬に適合させるべく独自のスピード指数"Speed Figures"を開発し、指数の精度を高めてきました。『SpeedFigures OnLine』においては、スピード指数だけでなく、指数をベースにした出走馬のランクを公開。さらにそのランクを統計処理して、信頼度の高い条件からピックアップした軸馬や買い目を、メールマガジン『GPS競馬』で配信しています。
私がネット上で公開している情報をより多くの方々にご覧になっていただくため、総合情報サイトとして当『スピード指数(山本尊のスピード指数特設サイト)』を開設しました。週末の競馬へ向けてお役に立てば幸いです。


更新情報

マイルチャンピオンシップへの臨戦過程を見ると、同じ芝1600mで行われる富士S組が不振。過去10年で1勝・2着2回。1800m以上からの距離短縮組が7勝・2着4回、1400m以下からの距離延長が1着2回・2着4回となっている。この分布が示すように、勝ち馬については1800m以上からの距離

今週末は今年最後の3連休で、中央競馬は今年最後の3日間開催でもある。この季節なら台風も雪も心配しなくていい。3日間開催を行うのであれば今はいい時季だろう(とくに賛成というわけではないが)。ただ、3日間開催になると、資金面(つまり精神面?)などマネージメントの